めざすべきは、映像と音と複合的フォースフィードバックの3要素掛け合わせによる超リアルで自然な没入感の演出

 

https://www.youtube.com/watch?v=vVVFAC2p2X8

例えばコレ。
LG製曲面OLED65インチディスプレイにTITAN-Xの3機掛けという映像面ではいま考えられるフルスペックですが、サウンドとフォースフィードバックは普通もしくは普通以下です。(正しくは、Maxwell世代の最新機種であり、現時点においてはPascal世代のGTX1080tiのSLI構成で十分か!?)

ZENKAIRACINGは、これに近い映像環境に加え、オリジナルのサウンドシステム(5.2~11.3ch)とREAL-SHOCKシステムを含む複合的フォースフィードバックシステムにより、「映像」「音」「フィードバック」の三位一体のSIM環境の構築を目指します。

これは、高価なハードウエアスペックに依存するだけではない、日本人ならではのチューニングセンス(調律感性)を掛け合わせることで、今までにない超リアル感とごく自然な没入感を再現できるのではないかと考えています。

あえて、見た目わかりやすいモーションダンパーを使わず、まさに実車をドライブしているかのようなユーザー体験(UX)の演出。

それが、私たちZENKAIRACING.COMのめざすべきゴールです。

※といっても、ハードウエア・ソフトウェアともに常時進化しますし、映像技術・VRなども超進化しますので、それにあわせてのアッセンブリングとチューニングをしつづけるとなると終わりはなく、常に進化あるのみ、なのです!!

関連記事一覧

PAGE TOP