「常時全開(ZENKAI)」

クルマに興味のない世代が増えた?面白いクルマがない?昔はよかった?そんなものは言い訳にしか過ぎない。クルマは楽しい!楽しんだよ!確かに、トレンドもあり、多くの情報があふれ、趣味趣向の矛先はいろんなベクトルを向いている。その中でいままでクルマが占めていたウエイトが小さくなったかもしれないが、実はその小さなウエイトの中でモノすごく濃い遊び方をしているヤツもいる。みんなに合わせる?みんなに「イイね」と言ってもらいたい?そんなことよりも自分の世界、自分なりの楽しみ方、自分というマイワールドをもっと楽しんでみようぜ。人なんてカンケーない!ホントはもっとクルマで楽しみたいことあるんじゃないのか?それをいま、最高に楽しもうぜ!

 

「新しい世界がそこにある。」

携帯・スマホ・ゲーム全盛の時代、俺たち何か大事なこと忘れてないか?例えば、レースゲーム。スマホのセンサー精度が激しく向上しているためにスマホだけで手軽にレースゲームを楽しむことができる。しかし突き詰めていくとよりリアルなハンドリング、よりリアルなブレーキング、よりリアルなスロットルコントロールが欲しくなる。アプリやソフトというバーチャル側にコントロールされるよりも、人間だけが持つ高度で鋭い感覚・感性を活かしてリアル側からコントロールすることで、それらはより現実感を伴い、より深く、より興味深いものへと進化する。バーチャルが主ではなく、リアルからバーチャルを制御する。人間だからこそできること。それをいま、最高に楽しもうぜ!

 

「最高に、振り切る!」

アレしちゃいけない、、コレしちゃいけない、、自由なはずなのに、どんどん制約が増えてしったような時代。そんなの、面白いワケはない。やりたいことあるだろ?たくさんあるだろ?じゃ、やろうぜ!好きなことややりたいことやってもっと楽しもうぜ!ただし、仕事もプライベートも両立して楽しむためにはコツがある。それは両方とも手を抜かず、思いっきり全力でやること。結果として最高のパフォーマンスが生まれ、生活の善循環が生まれ、最高のワークライフバランスが成立する。寝てるとき以外はずっと刺激を受けて生きてみいたくないか?それは自分次第。気持ちの持ちようひとつ。最高に楽しい世界は目の前に立っている。据え膳食わぬは、、それをいま、最高に楽しもうぜ!

 

「常に進化し続けるSIM。」

私たち、ZENKAIRACING.COMは、クルマを愛してやまないカージャンキー(クルマ中毒)の集まりです。チューニングカーやカスタムカー、クロカンSUVやアメ車、イタ車、英国バックヤードレースマシンからフレンチ、旧車までその向かっているベクトルは様々。ただひとつ同じなのは「ただひたすらに、クルマが好き!」年齢も様々、積んできた経歴も様々だけど、集まってクルマの話をしているとすごく楽しい。いいじゃないか、それで!じゃ、SIM(シミュレーター作ってみようか)と2015年1月に作り始めたのがキッカケ。最初は趣味の延長線から始まり、シングルモニタ(1画面)がマルチモニタ(3画面)になり、ディスプレイサイズが上がっていき、世界中からステアリングやペダル・シフトなどのSIMデバイスを集め、いろいろなレーシングシートを試し、フレームを加工し、補強し、無いパーツは自作し。そして、趣味のはずがSNSで広がり、オフィスの来客の目に留まり。。。そして、SIMの商用販売へとシフトしてきました。実車とSIMの両方を知っているフォーミュラドライバーの助けも借り、峠やサーキットを走る仲間の声も集め、日に日にその完成度を増してきました。ただひとつ言えることがあります。「100%の完成は無い。なぜなら、常に進化し続けるから。」これは、ゆるぎない事実。もちろん、顧客のカスタムオーダーもあり、一つとして同じものはないのですが、ソフトウエアのアップデート、ハードウエアの進化、SIMデバイスの新規開発、新しいサウンドシステムのリリース。構成するパーツも日々進化しますが、セッティング情報も日々煮詰められていきます。ある程度パッケージ化はしますが、常に進化を遂げ、ユーザーの要望に応え、そしてSIMシステムとしての価値を高め続けます。

「常にZENKAI(全開)。」それが、私たちZENKAIRACING.COMのビジョンです。

 

どこまでいけるかは正直わかりません。いまようやく線路に車輪が乗っ掛かり始めたタイミングです。好きだからこそ手を抜きませんし、真摯にユーザーの声に耳を傾け、思い描く理想のSIMをユーザーとともにとことん追求していきます。これからのZENKAIRACING.COMに、どうぞご期待ください。

PAGE TOP