スーパーFJ 71号車/筑波2000練習走行_20180303

スーパーFJ、筑波シェイクダウン

昨日は筑波2000でのスーパーFJ初走行
マシンシェイクダウンでした。4月の開幕戦に向けて各チーム動き始めています。

1ヒート、早速2lap目に右リアの挙動がおかしいのでピットインしたら、ロアアームのボルト折れ。まさか、、でしたが、アウトラップ直後で全開前だったので大事に至らず良かったです。ボルトクラックまではわからんもんですね、、これを機にマシンの状態だけでなく構造も理解深めていきます。

2ヒート目は初走行のためドグに慣れること優先でしたが、目標タイムの1分4秒台でまずまず。シフトアップは問題ないですが、シフトダウンで2速と4速を間違えまくるという、、感じでしたが、前田選手に並走してもらった甲斐もあり目標タイムはクリアでした。

スーパーFJはかなり面白いマシンですね。ジュニアフォーミュラだけにコストパフォーマンス最高です。しかも、初走行後、あまりのテンションのために鼻から出血してました。走行中、鼻血ダラダラだったみたいですw メット脱いだらもう固まってましたが。

開幕戦は前田選手ドライブですが、5月の次戦は自らドライブでレース初参戦の予定です。

それまでに目標タイム1分フラット目指してトレーニングとセット詰めていきます。

タイム短縮のポイントは

1コーナーと2ヘア 2秒
1ヘアとダンロップから80R コンマ5-7秒
マシンセッティング コンマ5-7秒
タイヤ コンマ5-7秒
減量 コンマ5秒 笑

タイヤ以外で3-3.5秒は詰められる見込み

しかし、筑波サーキットは改めてすり鉢ぽいなと、、データ作り直ししたいです。GPS計測やりましょう。

ボルト1本、めちゃくちゃ大事です。
まずは、筑波シェイクダウン無事終了ということで。

自身の走行経験を積むこともですが、すべてシミュレータにフィードバックしていきます。ここで得られる経験はすべて独自ノウハウに転化、ですね。

昨日は前田選手はじめ、スーパーウインズレーシング関係者各位、チームメンバー各位のおかげで無事に走行することができました。ありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いします。

 

関連記事一覧

PAGE TOP