スーパーFJ 71号車/筑波2000練習走行_20180323

スーパーFJ走行3回目 in 筑波2000

先週に続き3回目のスーパーFJ走行でした。
結論、やっぱオモロくてコスパいいマシンでした。

前回より1.5秒のタイム改善が見られましたが、それよりもシフトダウンのコツが掴めたのでこれから徐々にブレーキポイント詰めていけます。次回からはシフトダウンもクラッチレスでいけるかも。とにかく、レースドグ、シンプルで気持ちいいです。スパスパ入る。たまに聞こえるドグノイズ、痺れます。キャブよりインジェクションも乗りやすいです。

1ヒート目で3秒2が出ました。ロールを少し抑えたくて、2ヒート目にフロントのスタビとプリロードを固めに振りました。結果、個人的には乗りやすく気持ちよかったのですが、少し雨がパラついたこともあってかタイムは1ヒート目より落ちました。

鈴鹿時代のオーナーにも相談しましたが、このマシンはロールさせてグリップさせたほうが速いとのこと。タイヤの面積使い切るセットに全体的になってると。。今日の結果からもそう感じますが、来週はF600- R700のバネも試してみて様子見てみます。来週は2ヒートとも前田選手のドライブです。現状、F400- R450ですが、筑波のレイアウトにどちらが適しているかいろいろ試してみます。

シフトはじめマシンの基本操作もまだまだこれからですが、セットアップも奥が深そうです。

固いほうが走りやすそうですが、柔らかくロールする方が実は速かったり⁉︎と、これからいろいろテストしてみます。答えはひとつではないですね。

フォーミュラ、ヤバイですw

メモ
ベアリング4本とも交換
2速新品、ほかギアも筑波仕様
1ヒート目冷間1.4、温感1.65
2ヒート目冷間1.5、ピット時に1.7へ
バネ400-450
タイヤ中古

関連記事一覧

PAGE TOP