2019スーパーFJ筑波第2戦/予選過去ベスト0秒62からの、、

2019スーパーFJ筑波第2戦/予選過去ベスト0秒62からの、、

毎度毎度レースはいろいろあります。
すべて経験。次に活かします。
予選はセットもエア圧も決まり、過去ベストの0秒62で14台中7番手。が、なんとダブルチェッカーで2グリッド降格。。

主催者によりレース運営方法変わるのはできるだけないほうがいいね。その点、サーキット側がレース主催はわかりやすいと感じます。鈴鹿とか岡山とか。

決勝はスタート直後のラップでスピン、しかも2回も、、スタート直後の集団走行の経験、積まないとリズム崩れまくりです。要改善ですね。
結果、14台中13位チェッカー。

次戦、5/26はここまでの4戦の経験活かして、マスターズ入賞目指します。

イベントとしては、ダンボルギーニ大盛況からのZENKAIRACINGのPV用に撮影もして、大きな成果がありました。ダンボルギーニ今野社長、サポートの安部さん、ランボ輸送のコンドルタクシー岩田社長、整備部菊池さん、撮影チームの思創堂出口さん、ほかスポンサー各位には感謝致します。あと、連休に付き合ってくれた家族にも。

僕らだけでは小さな力ですが、皆さんのお力もお借りしてクルマの楽しさ、レースの面白さを少しでも伝えていければと思っています。

また次回にご期待ください。
必ずや良いご報告ができるよう頑張ります!
今回もありがとうございました。

関連記事一覧

PAGE TOP