苦難の2シーズン目/筑波第3戦スーパーFJ

苦難の2シーズン目/筑波第3戦スーパーFJ

なかなか勝たせてもらえません。
走りにメリハリ必要ですね。予選もですが、特に決勝。
昨日のクラッシュは譲れば回避できました。最終コーナーでインから刺され、アウトにはらむと自分が危ないのでそのまま維持してたら向こうも引かず、12号車のフロント翼端板で右リアがバースト、からの制御不能、12号車左リアタイヤでフロントまわり持ってかれる、、

第3戦決勝:参考動画
0-60秒 1コーナーからアウトラップ1周10号車パス
60-123秒 12号車とのバトル、1コーナーでのパス
124-183秒 10lap目最終コーナー12号車との接触・右リアバースト

クリーンで速く走るにはどうすればいいのか、再考必要です。あくまでプロではなくアマチュアですので、引くときは引く。そこで仮に引かずに得られた結果を求めるより、クリーンにクレバーに引くときは引き、今回なら譲ったとしても残り8lapあるのでそこで戦うという選択。気温・路面温度ともに高い決勝の時間帯。マシンもドライバーもタイヤも周回を重ねるごとに厳しくなります。どこかでミスする可能性も高くなります。言っても筑波1周2㎞の18lapですから、変にブロックなどせずに引くときは引く。ただし、何もせず引くだけではなく、自分に有利なラインを残して引いた直後からプッシュする一連の流れ、テクニックが必要ですね。まだまだ甘いということです。。

6/8 岡山国際サーキット第3戦
7/27-28 岡山国際サーキットサマフェス第4-5戦
8/18 筑波第4戦
9/22 筑波第5戦
10/27 筑波最終戦
12月は鈴鹿日本一決定戦

日本一まであと6戦
今年は5戦して完走3戦
マシン壊さんように、クリーンに速く!

今回、サポートまたは応援に来てくださった皆さま、わざわざありがとうございました。次回は完走していいレースをお見せできるよう頑張ります!

これらレース参戦して得られた体験と情報はすべてシミュレーターにフィードバックされます。そうやってZENKAIRACINGのシミュレーターシステムは実際のマシンとレースの結果から日々進化をしていっています。

関連記事一覧

PAGE TOP