フォーミュラ用モーションSIM開発中

フォーミュラ用モーションSIM開発中

今日は大阪。某所にてフォーミュラ用モーションSIMの開発中です。オリジナルのスーパーFJ、FIA-F4 modを使いながら岡山、筑波でのモーション動作チェックです。24vでは表現できないダンパーレスポンスを48vに上げて動作させています。単なるシートが動くだけのモーションではなく、限りなく実車に近い挙動とあくまでシミュレータとしてトレーニングするために必要な情報を遅延なくドライバーに与えることを目的としています。また、ドライバーの要求により、実車走行以上に体内センサーを鍛えたい場合は縁石アクションを強めたり、シャーシ捩れをより解像度上げて表現させることも可能です。

エンターテイメント向けには設定やデバイスレベルを変えて「より楽しめる」方向へ。プロフェッショナルドライバー、ジェントルマンドライバー向けにはよりリニアでハードな「実車同様の没入感」の演出が可能です。

リアルモニタでも対応可能ですが、有機EL搭載のVR-HMDを使うことでその効果は更に上げることができます。

高機能シミュレーションソフトやVRに対応した新世代cpuやグラフィックボード、高出力サーボモータに高解像度センサを使ったペダルデバイス。ソフトとハードの進化に合わせて最適な組み合わせを模索し、それらを高い次元でアセンブルしてユーザーの要求+アルファを提供することが可能です。

年内にフォーミュラ専用モーションSIMのプロトタイプを完成させます。ご期待ください。

明日は鈴鹿に予選だけ顔出しに行きますー

関連記事一覧

PAGE TOP